● おもな治療方法 ●
軽症〜中程度のSASの方のマウスピースは手軽で効果もあると考えられますが、重症の方の場合、あくまでCPAPが第一選択となります。
どの程度(レベル)のSASかということを専門的に行っている医療機関で検査をお受けする事をおすすめいたします。

マウスピースってなに?

寝ている時は、筋肉がゆるみ、重力も加わり、下の顎が下がり、舌も奥の方へ入りこみ、気道が圧迫されるため、いびき、無呼吸が起こります。それを防ぐためにマウスピースを使います。
このマウスピースは、下の顎を少し前に出した状態で上と下の歯を固定してしまうため、どんなかっこうで寝ていても下の顎が下がらないようになります。それにより気道が確保され、いびき無呼吸が起こりにくくなります。
簡単に分かる方法として、ご自分の下の顎を前に突き出して受け口の状態にしてみて下さい。その時、舌も前に出して、上の前歯に少し触れる位置に置いてみて下さい。そして唇を閉じて、鼻でゆっくりと呼吸してみて下さい。空気の通りが楽になっているのが実感出来るはずです。

● マウスピースを使った患者さんの声 ●

無呼吸症候群、いびき治療は東京都文京区本駒込のしのだ歯科医院までご相談ください。