インプラント治療のイメージ(歯が一本抜けた場合)


従来の治療では
―――


周りの健康な歯までも削ってブリッジにしていました。


インプラント治療では
―――


健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分だけを治療することができます。

インプラント治療のイメージ(歯が数本抜けた場合)


従来の治療では
―――


入れ歯を固定するための針金が、見た目や機能的にも不快でした。


インプラント治療では
―――


針がねつきの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

インプラント治療のイメージ(歯が全部抜けた場合)


従来の治療では
―――


入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って痛かったりしていました。


インプラント治療では
―――


数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

無呼吸症候群、いびき治療は東京都文京区本駒込のしのだ歯科医院までご相談ください。