● しのだ歯科医院では、入れ歯作りに最も重点をおいております ●

入れ歯には大きく分けてふたつあります。

部分入れ歯……自分の歯が残っている。  総入れ歯……自分の歯が一本も残ってない。

また、従来通りの(みなさまがイメージするような)入れ歯から、「コーヌス・クローネ」といったかなり特殊なものまで様々です。自分の歯を失ってしまい、次はインプラント治療という考え方もありますが、「骨を削ってまでしたくない」「手術は怖い」というインプラントに対して消極的な考えの方には、入れ歯は時間と手間をかけて作るので、かなり期待が持てることでしょう。

● 従来の部分入れ歯 ●

ご存知のように、部分入れ歯は「人工の歯」「歯ぐきに乗っかる部分」「針がねのような金具」で構成されています。口の中に装着された部分入れ歯は、金具のかかっている自分の歯と、歯ぐきで支えられています。これではどうしてもガタつきがあり、また針がねが見えてしまうので、見た目に美しくありません。かけた針がねと歯には段差ができ、食べ物も乗っかりやすくなります。


従来の入れ歯


従来の入れ歯装着

従来の入れ歯とは違う方法です。
自分の残っている歯を数本選び、その歯を茶筒のカンのような状態にしておきます。


歯磨きがとてもしやすい形態です。


部分入れ歯の方には針がねではなく冠を装着してしまいます。


入れ歯をはずした状態


裏から見たところ


その冠は茶筒のフタのような状態にしておきます。
口の中に装着されたこの入れ歯は、茶筒のカンにフタをしたような状態になりますので、余分な金具もなく、見た目も美しくなり入れ歯をしているとはわからなくなります。また従来の入れ歯に比べて横揺れもなくなりますので、しっかりと咬めるようになります。


コーヌス・クローネを装着した状態

● コーヌス・クローネの装着 ●

治療例 A
治療前


従来の入れ歯を装着した状態


従来の入れ歯をはずした状態


治療後


自分の残っている歯に茶筒様のカンをかぶせます。
コーヌス・クローネをはずした状態

コーヌス・クローネを装着した状態
無呼吸症候群、いびき治療は東京都文京区本駒込のしのだ歯科医院までご相談ください。